こちらにはオラクルカードに関するブログ記事を転載しています。

ぜひブログもご覧ください。

■オラクルカード http://ameblo.jp/felicesanc/theme-10062982997.html

■オラクルカード講座 http://ameblo.jp/felicesanc/theme-10080660477.html

■ご感想(オラクルカード講座) http://ameblo.jp/felicesanc/theme-10095836103.html


<オラクルカードがなくても生きていけます。でも、、>

私にとっては、あるのが当たり前になった

オラクルカード。

 

いろんなことで

「そうだ、カード引いてみよう」と

気軽にカードにあれこれ問いかけます。

 

じっくり向き合うこともあり。

 

でもときどき「オラクルカードってなんですか?」と聞かれるし

お茶会には「初めて実物見ました」という方もいらっしゃる。

 

まだまだ知らない人はいっぱいいる。

というか、知ってる人の方が少ない。

そういうものなんですよね。

 

 

少し前に行き始めたお勤めの仕事場の

チームの中でも「オラクルカード」を

知ってる人はいないみたいだし。

(全員に聞いたわけじゃないけれど)

 

だいたい「本業がセラピスト」と言っただけで

すごい人扱いされるしね(笑)

 

 

そう、だから、

 

オラクルカードを知らなくても

生きていくのには全く支障ない。

 

だけど

 

私はオラクルカードを知ってよかったと思ってる。

何ていうか、専属セラピストがいるような感じ。

 

 

どんなことでも聞いてくれるし

そのメッセージによって

励まされたり、背中を押されたり、慰められたり。

 

 

そしてまた

 

案外難しい、自分の内面を感じていく作業も

カードが視覚的に見せてくれるから

 

やりやすいし、「あぁ、そうか」って受け入れやすい。

 

オラクルカードがそばにあることの良さ。

 

一番はやっぱり、カードを通して

「自分を見る、自分を知る」ことができる

ってことなんじゃないかな。

 

 

オラクルカードを使うのに

何も制限なんてないしね。

 

とっても自由なのです。

 

オラクルカードがなくても生きていけます。当然。

 

でも、オラクルカードのある暮らしも

なかなかいいものですよ(*^_^*)


<マジカルフェアリーの「Assertiveness(自己主張)」>

マジカルフェアリーオラクルカードの

「Assertiveness(自己主張)」というカード。

 

立派な木の幹の内側からフェアリーが出現している絵が描かれています。

 

木の皮を打ち破って出現し

自分の内なる光を大いに放っている様子。

 

 

これも、どんな問いかけをしたのかによって

このカードからの読み解きはいろいろあるのですけど

 

普段控えめに生きてる方に対して出るときには

もうそのまんまで

 

もっと自己主張していいんだよ

 

というメッセージなことが多いですね。

 

 

そういう方は「自己主張する」ということに対して

恐れを抱いてたりするのだけど

 

自分の想いを叫ぶとか

自分の感情をそのまま相手にぶつけるとか

 

そんな風に大げさに捉えなくてよくてね

 

これが好き~とか

これやってるときが楽しい~とか

 

それはいやだな~とか

あんまり好きじゃないの~とか

 

ゆるーく、小さく出していけばいいと思うんですよ。

 

 

カードの絵がね、光と共にフェアリーが

「ババーーーン!」と現れてるので

 

なんかすごいことしなくちゃいけないような

そんな気分になっちゃうかもしれないのだけど。

 

 

私の大切な本

北川八郎さんの「繁栄の法則」にも

 

「大は小をもって、小は大をもって」

と書かれています。

 

これまであまり自己主張できずにいた人ほど

自己主張することが必要なんだけど、でも

 

その大きなことは小さく始めて

積み重ねていけばいいんですよね。

 

その積み重ねが最終的に

「Assertiveness」のフェアリーのように

内なる光を輝かせるのだと思います(*^_^*)


<オラクルカードの良さってなに?>

オラクルカードと一口に言っても

すごくたくさん種類がありますし

私も全てを知っているわけではないので

 

ここではドリーン・バーチューさんの

エンジェルやフェアリーのカードを

イメージしてお話をしますね。

 

オラクルカードの良さって

それはもうたくさんありますよね。

 

みんなで言い合ってみたら

それはそれは楽しそう!(笑)

 

 

それで、まず誰にでも分かりやすいところで

 

「絵が怖くない」

 

という良さがひとつがあります。

 

 

「絵が怖くない」

 

たったこれだけのことだけど

これがすごく大切な場面もあります。

 

特に、心が弱っているとき。

とっても疲れてるとき。

 

どのカードにも、エンジェルやフェアリーの

優しい絵が描かれているのが

本当に救いになることもあるんです。

 

ゆっくりだけど前に進みたい。

そんなときは

 

そっと背中を押してくれるような

優しいオラクルカードはおすすめですよ。